きうまのふぉとらいふ

自由気ままな「ふぉとらいふ」を提供しています。

【SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM】 レンズは資産編

f:id:kiumahb:20181125124327j:plain
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

前回に引き続き
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM関連の記事となります。

本文では、相変わらずああだこうだと無駄に語りながら、α7IIIにMC-11を介してSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影した写真を掲載していきます。

写真は、ピクチャープロファイル経由のJPEG撮って出し画像を、明るさの調整とリサイズのみにとどめています。(一部クロップもしています)


皆さんにとって、なんらかの参考になりましたら幸いです。



f:id:kiumahb:20181125124313j:plain
400mm f6.3 1/500sec iso320

ミラーレスが登場してから

交換式ミラーレスカメラが登場して以来、オールドレンズを使ってデジタルカメラで撮影することが可能になりました。
オールドレンズはMFですし、電気的な通信がなくてもマウントの変換さえ上手くいけば基本的には使用可能です。

では、デジタルカメラへ移行後のカメラレンズはどうでしょうか。

レンズはAFとなり、電気的な信号によりピント合わせや絞りの変更などを自動で行えるようになりました。

便利になった反面で、カメラボディとレンズとの親和性が求められるようになり、結果として他社マウントボディに他社マウント用レンズを実用的に使用するには、高価なマウントアダプタを使用するか、諦めて現状のマウントに留まるのか、はたまた他社マウントへ移行することとなります。


そう、SIGMAのサービスが始まるまではね



f:id:kiumahb:20181125124318j:plain
400mm f6.3 1/500sec iso600

SIGMAのサービス

他社製カメラへ移りたいと思った時には、カメラボディの他に専用マウントレンズを新たに購入する必要があります。

また1からレンズを集めることは多額の資金が必要になってきますよね。

仮に今まで使っていたカメラボディやレンズなんかを売却して資金に当てようとしても、買い取り店で売っても良くて新品価格の半値くらいにしかなりません。
オークションサイトで売却すればもっと高値で売ることが出来るかもしれませんが、現行レンズの場合は少なからずとも新品価格よりも安くなるはずです。

移行先でも同等のスペックで揃えたいとなると、売却して得た資金に追加予算が必要になりますよね。

馬鹿らしい!

今までどんな思いで買い集めてきたことか。

しかし

SIGMAでは、最近発売されたレンズのほとんどが、有償ではありますがマウントを変更してもらえるサービスがあります。
これなら比較的に少ないコストで他社製カメラへ移行できます。


SIGAMマウント交換サービス
www.sigma-global.com


そして、SIGMAのEFマウント用レンズなら、Canon製ボディは勿論のこと、マウントアダプターMC-11を介すことで、SonyEマウントカメラにも使用することが出来ます。
これはシステムの移行どころか、同時に使用出来ることとなります。


マウントアダプターMC-11
www.sigma-global.com

 

僕の思惑としては、広角ズームと望遠ズームをSIGMAで揃えてしまえば、ほとんどのカメラシステムへの移行や同時使用が従来より手軽な形で可能になると考えています。

僕がSIGMAを贔屓するのは、レンズが良いからではなく、いやレンズも良いんだけども、ユーザーライクなサービス、ワクワクするような製品、そしてユニークなCEO。
こんなにユーザーを大切にし、楽しませてくれる会社だとファンになるしかないではないか、応援したくなっちゃうじゃないかと言う理由からです。

つまり、上手く戦略に乗せられちゃった

特別にレンズが良いからと言うより何より、会社として僕はSIGMAが好きだなあ。



f:id:kiumahb:20181125124323j:plain
400mm f6.3 1/500sec iso800

「純正レンズでなければ」「高性能なレンズでなければ」

いやいや、一般庶民の僕らには、その都度高価なレンズを購入できるほどのお金を持ってませんから。

どうせねえ、各社ともに綺麗に写せるんですから、僕みたいな節穴がレンズの撮り比べをしてみたところで違いなんて分かるわけないんですよ。

だったら、好きな会社が出してるレンズを選べば良いじゃないか!

そんな中で、レンズが一緒に移行出来るってのは非常に心強いです。

マウントの変化や将来的なシステムの移行にも左右されることなく、末永く使えることはユーザーの悲願なのです。
これなら、高価なレンズであったとしても、使えなくなる心配がないので、勇気を持って購入に踏み切ることが出来る。



f:id:kiumahb:20181125124701j:plain
176mm f7.1 1/1250sec iso400

「レンズは資産」と言われているけれど、「使えなくなればただのゴミ」(言い過ぎた)

他社用マウント変換サービスは、サードパーティとして各社のマウントを扱ってきたSIGMAだからこそ実現できたサービスではあるものの、純正メーカーが実際に今までやってきたことと言えばマウントアダプタの販売ぐらいですよね。
確かにマウントアダプタなら低コストで旧式レンズでも最新のボディに使えるかもしれない。
しかし、マウントを最新のものに変換できれば、よりいっそう親和性が高まるはずなのにやってこなかった。構造上の問題で出来ないのかもしれませんが。

そんなことでよくもまあ、高性能だの高画質だの謳って高価なレンズを販売してこれたよなあと思います。

そんな中でSIGMAは「レンズは資産」と言うことを実際の取り組みで示したわけです。

他社も追随して、同じようなサービスを始めるかもしれませんが、先駆けて始めたのはSIGMAなのだと言うことを忘れないようにしたいです。



f:id:kiumahb:20181125124706j:plain
100mm f7.1 1/640sec iso400

いや、また御託を並べちまったなあ

こんなの見に来たわけじゃない?

ですかあ。

いや、結構熱く語ったつもりなん…長い?もう、うんざり?

おおっふ…。

あなた方の主張は却下します!


次回へ続くのでした。



ご観覧ありがとうございました。
ほんならまただわ!



続きを読む
www.kiuma-photogram.com



購入する
※対応マウントに注意してください
 Please pay attention to lens mount